こんにちは。

「○さん、いらっしゃいますか?」
と電話が来て取り次ぎをする前に切れてしまうことはありませんでしょうか。

学生時代にハンバーガー屋でバイトをしていた時の社員と、仕事をしてからの計2回経験があります。


この結果は両方とも借金の取り立てに結びつきました。


そして、原因は両方ともギャンブル。




彼らはなぜ借金をしてまでギャンブルにのめり込むのか。

考察してみます。

ちなみに私もパチンコをしたことがありますが、金のなくなる速さに嫌悪感が出て一回でやめました。




ギャンブルで勝った時の快感は性行為や何らかの達成感よりも高いものだと聞きます。



一度勝ってしまうとその快感を忘れる事ができずに再びギャンブルをする。

負けていても次に勝てると信じて再度チャレンジをする。

そしてお金を借りてまでも快感を得る為にギャンブルをする。

という流れなのは予想できます。

借金をしてまでやってしまう人は意思が弱いという事ですね。快感に勝てないとか。



身近にもパチンコ中毒がいますが、彼はパチンコがライフワークと化していてもはや何のためにパチンコ屋に並ぶのかわかっていないそうです。

しかし、積み立てでゆっくりお金を増やす事は嫌で2万損をするかもしれないが、2万勝てるかもしれないやり方を選ぶそうです。


1日±20,000円を選ぶのであれば1日+10円を選ぶ方が賢いと思うのですが、賛同は得られませんでした。



借金してまでやる価値が無いゲームである。

ギャンブルって人に金を借りてまでやる必要が無いゲームです。


を借りてやる時点で負けてるのですから。

借りる前にきちんと考えましょう。

-20,000円で20,000円勝ってもゼロです。


その時間を健康や家族や自分のスキルアップに使う方が有意義なのは間違いない。

「化物語の演出が〜」
などと言うのであれば化物語を動画サイトやサブスクリプションアプリで見れば解決します。

時間は有限なので大事にすべきですね。



しかし、いつもパチンコ屋は混んでるよなぁ、、。
不思議です。


↓を押していただけると大変嬉しいです。
よろしくお願いいたします。


米国株ランキング