投資まごっとです。

トランプ大統領の対中国関税発言で、貿易摩擦への懸念から株価が下がっておりました。
評価損益がマイナスとなってしまいました。

  • 現在のポートフォリオ。
  • PF評価損益が再びマイナスへ転じる。
  • リーマンショック並みの暴落なんて待つものじゃないと思う。
  • 日本株で株価下落に耐えられずに売却した過去。
  • 自らのリスク許容度に適した投資を。


◾️現在のポートフォリオ

スクリーンショット 2019-08-07 22.42.29

という形でマイナス0.06%です。

ディフェンシブ銘柄が多いのが幸いなのか、マイナス幅は少ないです。
近頃Twitterが暴落で賑わっておりましたので、株価は見ないようにしておりました。

しかし、本日配当確認の為見てしまいました。笑
マイナスになってるかなー、とは思っておりました。






リーマンショック時ほどの株価暴落を待つ声が聞こえますが、、

私はそれ程の暴落を喜んで待つことは怖いことだと考えます。


ちなみにMMM(スリーエム)の株価をリーマンショック時に見てみると


スクリーンショット 2019-08-07 22.54.23

2007年9月に93.58ドルであった株価が


スクリーンショット 2019-08-07 22.54.53

2009年3月の時点で49.72ドルとなっておりました。

約47%ダウンです。
こんなのは耐えられないと思いますし、そもそも自分の雇用や生活を心配すべき事態となると思います。


企業が倒産して
命を落とす人や生活に困窮する人が出てきて

それでもバーゲンセールや!なんて喜んでいられないと考えます。

あれほどの暴落なんて来ないに越したことはありません。
人の不幸を片目に自分の利益で喜ぶというのも、利益を大事にするあまり何かを失ってる気がします。





個人投資家のリスク許容度はそんなに高くない


私は以前に日本株を保有しておりました。
個別3社と毎月分配型のファンドでした。


これらは一度値を下げると同水準に回復することが無く、ずっと含み損でした。

もう回復しないなら大きな損をする前に売ってしまえ、と損切りを行いました。
今でもそれらの株価は低いままです。

保有株が下がり続けているとどこかで嫌になります。

個人のリスク許容度はそんなに高くないと考えてます。




どうしたら良いか
  1. 最低15年〜の長期運用を目的と考えて暴落時にも定量を購入。
  2. 手元に現金を残しておく。(生活費2年分あればベスト)
  3. つみたてNISAや優良株への自動買い付けの設定をしてあとは忘れる。

1は運用期間を長期で考え、暴落しても高騰しても定量購入することによって
購入タイミングの良し悪しを平均化することにより、リスク分散。

2は運用資金と生活資金を分けることにより、リスク回避。
また、手持ち現金で安く買うことができるかもしれません。

3は1と2の組み合わせのようなものですが、暴落中は株のことを忘れることが
一番のストレス回避ではないかと考えます。




 

↓を押していただけると大変嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

SPONSORED LINK