投資まごっとです。

先日Amazonプライムで「スーパーサイズミー」という映画を観ました。

色々観られて本当に便利です。

スーパーサイズ・ミー(字幕版)
モーガン・スパーロック


  • やっぱりアメリカ企業は圧倒的
  • やはり投資するなら米国株
  • 米国株から始めてアメリカ好きに


この映画のメインはMCD

お話は有害と知りながらハンバーガーを売っている!とMCDが訴えられるところから始まります。

俺大好きだけど、、、
本当にMCDのフードは有害なのか?


主人公が1ヶ月マックのみ食す生活をして実証しようという実験がこの映画のメインとなります。結果は本編にてお楽しみです。


昨年から米国株投資を始めた事があり、非常に楽しむ事ができました。


劇中に出てくる企業も聞き覚えがありますし、アメリカの行き過ぎた株主ファースト主義も見出せました。消費者はやっぱりそこに文句もあるのですね。

劇中で主人公が企業は株主ばっかりで消費者を大事にしない!的な事を言ってました。


中毒性のある商品で消費者を虜にしてヘビーユーザー化して利益を出し株主に還元する、、、株主が第1。

投資をしている人間としては素晴らしいの一言ですが、向こうに住んだいたらどうなのでしょう。

IMG_5539


この実験の後にスーパーサイズという日本でいうLの上のサイズは無くなったそうです。



投資するならアメリカ

この映画と時代は異なる今ですが、米国企業が株主ファーストということは変わらないと思います。

だから意地でも減配を避けるし、配当を出さない企業は何としても株価を上げます。


日本企業では周りの企業皆が減配しだしたら簡単に減配すると考えます。

JTは危ない気がしております。

株価が下がり過ぎで、これ以上は減配しか無い気がしてます。


やっぱり投資するなら株主ファーストの米国株です。



最近では雑貨などアメリカンな物が好きになってきました。

ハイネケン(国産)やバドワイザーを飲むようになってきたのもこれが原因ですね。



3M、P&G、コカコーラ、ペプシ、ジョンソンエンドジョンソン、、、生活必需品のトップブランドは大体アメリカの企業です。


これがゼブラ、花王、サントリー、アサヒ、メニコンではちょっと微妙です。
(この羅列は思いつきです。)


どちらが好きかといえば間違いなく前者!という性格となってきました。


これからも米国企業に投資していきます。
(ETFメインですが、、。)

PVアクセスランキング にほんブログ村



SPONSORED LINK