投資まごっとです。

家のデスクで資料を発見しました。

IMG_5622


これは日本株に投資していた頃の資料です。

商品にクレームが出て費用がかさんだからという理由で無配当となった企業がありました。

日本株は資産形成に向かないな、と感じました。


日本では25年を超える連続増配株は 花王のみ

日本企業は減配に対してルーズというか、、

調子悪いから仕方ないじゃない。

というようなノリを感じます。



25年を超えて増配している企業は花王1社のみです。



米国企業は30年以上増配をしている企業が50以上。

P&Gや3Mはもう60年を超えて配当金を増やしています。

アメリカの企業には減配なんかしたら経営責任を取らされたり、訴えられたりするから減配したくない!という強いプライドがあるように見えます。

だから連続増配企業が増えていくのでしょう。



高配当を狙うなら米国株で間違いないが、、、

最近で減配をした大手米国企業はゼネラルエレクトリック(GE)です。

時価総額世界トップクラス、高配当株でしたが株価が10ドルを切ったあたりでほぼ無配当となることが発表されました。

俗にいう💩株と化しました。


高配当再投資を狙うのであれば減配発表に気をつけなければなりません。


短期の株価下落よりもキャッシュフローが悪化してきたら要注意です。

減配が気になる場合はインデックス投資をオススメいたします。



また、日本株の場合は訴訟などで痛手を受けた時や業界が全体的に下火な時に減配発表をしそうだと思っております。

日本たばこ産業JTは海外で稼げなくなってきたら要注意ですね。



↓を押していただけると大変嬉しいです。
よろしくお願いいたします。


米国株ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村