投資まごっとです。

お越しいただきましてありがとうございます。

台風が早く去る事を祈ってます。

IMG_5650

12年働いたのに手取り14万。日本終わってますよね?というネット投稿に対して堀江さんが

お前が終わってんだよ。

とコメントをしておりました。
自己責任論に対する批判があったようです。

私は自分の人生は全て自己責任であるという認識で生きております。


12年働けば昇給すると思っている前提がおかしい

2019年の現在、日本における年齢と共に給料が上がっていくというモデルは崩壊しております。
2005年位から年功序列でなく成果主義!とよく聞くようになったと感じます。

残した成果により立場や給与が変わる事は資本主義社会では当たり前のことであり、勤続年数により立場と給与が上がるという幻想を信じる=現実を見る事ができてません。


年功序列というものがあるからこそ老害が立場を守るために奔走し若い芽を摘み、日本企業から新しい物が生まれなくなり、競争力が無くなった原因の1つである事は間違いありません。

ですが、今は成果により立場と賃金を与える企業が増えてきています。

実際は成果主義を上手く取り入れ、結果給与コストを下げている企業が多いのですが、、、それでも14万は低すぎます。


14万の人は日本が終わってると言いましたが、その人は日本で年功序列賃金が終わっていることを知っておくべきでした。


手取りが安ければ転職すべきだったのでは

仕事に求める物が賃金であれば給与が安ければ転職すべきで、転居が伴ったとしてもするべきです。

家族の介護など、事情があっても転職をすべきでした。慢性的な人不足に陥っている日本ですので、選ばなければ仕事はあります。

業務が楽で給与が高い仕事を見つける事は難しいです。

私が知る企業は元気であれば採用で、手取り22万のところがあります。

そこそこ肉体労働ではありますが。


人生は自己責任。日本が終わってる訳ではない

日本のように資本主義社会はお金持ちに優しく、貧乏な人に辛い構造です。

ですが職業、仕事を自由に選ぶ事が可能で、誰でも株主になる事ができて、有限責任で事業を行う事も可能で、どうにもならなかったとしても生活保護という制度もある、、、日本はこんな良い国なのです。


手取り14万である事に絶望して同じ場所で止まっていて、何も行動しないのでは終わってるのは日本でなく自分自身かもしれません。

給与が少ない今を変えたいのであれば信念を持って何かを失ったとしても転職するべきだと思います。


ただ、私はこの投稿は共産党支持者のネタ投稿だと思ってます。


自己責任だから台風も受け入れる

今回の台風19号で被害を受ける可能性のある場所に家を保有している私です。

自己責任論でいうとそこに家を建てたのが悪いとなりますが、その通りです。

なので保険にしっかり入って、事前の対策もちゃんとしてます。

それでもダメなら仕方ありません。
自己責任です。


自己責任だからこそ様々な事に全力で取り組んで結果を出そうと努力するのが良いと思います。



↓を押していただけると大変嬉しいです。
よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村